ウォークイン冷蔵庫とは?ロールイン・リーチインとの違い

2018.02.01

機能性・耐久性・コスト面、それぞれに優れた業務用冷蔵設備「プレハブ冷蔵庫」。飲食店・工場など、それぞれの規模に応じ様々な形態で導入いただいているプレハブ冷蔵庫はウォークイン・ロールイン・リーチインの大きく3種類に分類されます。

 「それってどう違うと?」導入を検討される方からよくいただくご質問です。確かに業界用語ってわかりにくいですよね…。今回はそんなお声にお応えし、私たち冷蔵設備のプロがウォークイン・ロールイン・リーチインについて解説したいと思います。

 

ウォークイン冷蔵庫とは?

 書いて字の如く、歩いて入っていけるようなプレハブ冷蔵庫のことです。飲食店や農家さんが多く導入されています。設置場所に特に手を加えることなく、そのまま設置するウォークイン冷蔵庫。

 

 お店の裏や駐車場の一角など場所を選ばず設置できるのがポイントです。そんなウォークイン冷蔵庫には次のようなメリットがあります。

 

安い・早い!

 設置予定場所に「そのまま設置する」ウォークイン冷蔵庫。後述のロールイン冷蔵庫と比較して工事の工程が少ないため、早く・そして安く設置をすることが可能です。某牛丼屋さんみたいですね…。

 

 必要なサイズの冷蔵庫を置くことのできるスペースさえあれば、工賃を抑え、素早く設置をすることができるのが一番のメリットです。

 

移動ができる

 お店の拡大などによりプレハブ冷蔵庫の場所を見直さなくてはいけなくなった…。そんな時にもウォークイン冷蔵庫は便利です。

 

 「置いてある」ウォークイン冷蔵庫は別の場所に移動させることが可能です。早くて安くて小回りが利く。それがウォークイン冷蔵庫のメリットと言えるでしょう。

 

 デメリットをあげるとするならば、後述のロールイン冷蔵庫と比較して機能面で劣る点でしょうか。床にそのまま設置する形になる為、段差が残るウォークイン冷蔵庫はその名の通り基本的に「歩いて入る」ものになります。

 スロープを設置するなどして段差を解消することはできますが、普段からたくさんのもの、フォークリフト・台車が出入りする、冷蔵庫内で加工などといった作業を行うといった機能面を求める場合は次のロールイン冷蔵庫がオススメです。

 

ロールイン冷蔵庫とは?

 床にそのまま設置するウォークイン冷蔵庫。これに対してロールイン冷蔵庫とは床を掘り下げ段差を無くし配置するプレハブ冷蔵庫のことです。そんなロールイン冷蔵庫には次のようなメリットがあります。

 

様々な用途で利用できる

 ウォークインと比較すると段差がなく、設備・資材の出入りが容易なため、様々な用途にてご利用いただけます。

 

 フォークリフトを用いて単純に大きな冷蔵倉庫としてご利用いただくことも可能ですし、食品衛生管理の世界基準HACCPを満たすことで、衛生的な作業空間・クリーンルームとして利用いただくことも可能になります。

 

 こちらの導入実績(36坪のクリーンルーム導入)にあります通り、HACCPによる衛生管理が義務化となったことによりクリーンルームの導入を検討される方が増えてきています。

 

 大きな食品工場さんにも導入されているウォークイン冷蔵庫。大きさから機能面まで様々なニーズを満たすことができるというのが最大の特徴と言えるでしょう。

 

 

 ウォークイン冷蔵庫のデメリットといえば、床材を掘り下げないといけない場合、ウォークイン冷蔵庫と比較し、どうしても費用が大きくなることです。現場の状況にもよりますが、15坪で+100万円ほど変わってきます。

 

 

 同時にウォークイン冷蔵庫と比較すると工事期間も長くなります。設置するとその場から移動させるということも基本的に難しいので、小回りという点ではウォークイン冷蔵庫に軍配があがります。

 

リーチインとは

 最後にリーチインとは写真のように小さな扉から製品を出入りさせるものを指します。一般家庭からすると一番馴染みやすい形かもしれませんね。

 

 リーチインの最大の特徴としてはパワフルな冷凍設備を搭載するものが多いということです。通常冷凍庫は-20℃程度のものが多いですが、こちらの形態では-30~40℃となる冷凍設備を搭載することもできます。

 

 このため、瞬間冷凍をしたいものを扱う事業者さん、例えばお菓子屋さんなどに多く導入されているものとなります。設置場所を選びにくいというのもメリットかもしれませんね。

 

 

 以上がウォークイン・ロールイン・リーチイン、3種のプレハブ庫の違いの解説になります。様々に形を変えるプレハブ冷蔵庫。その変化によってお客様の様々なニーズに応えることができるのがプレハブ冷蔵庫そのもののメリットだと言えるでしょう。

 

 

 どの形態のものを導入しようか迷ってしまった際は当社スタッフにご気軽にご相談ください。設置場所・用途・予算などから適切なものをご提案させていただきます。