13坪のプレハブ冷凍庫を導入させて頂きました。

2019.01.05

13坪のプレハブ冷凍庫を納品させて頂きました。

 

着工前の写真です。

今回は既設の倉庫内にプレハブ冷凍庫を導入させていただきました。

冷凍庫の工事ですので、結露防止のために床パネルが必要になります。(冷蔵庫であれば床無しロールインでOKです)

既設の土間を掘り下げて樹脂ベース(架台)+床パネルを敷いて埋め戻しのコンクリート打設をします。

まずは墨出しをして土間のはつり工事を行いました。

現在のFLから350ほど床を掘り下げました。

コンクリート殻がトラック3台分ほどでました(思ったよりも出ました汗)

コンクリートで土間の埋め戻しをします。

3日後・・・・・・・

土間を掘り下げたスペースに樹脂ベースを組み立てて据え付けます。

樹脂ベースを設置するとこんな感じです。↑

樹脂ベースのレベル(水平)出しの作業です↑

樹脂ベースの下にスペンサー(樹脂ライナー)をいれてレベル(水平)をだします。

プレハブパネルの搬入です。

フォークリフトがないので手降ろしです。

1枚1枚傷がつかないよう丁寧に運びます。

 

プレハブパネルは通常2週間で出来上がってくるのですが、お客様には大変申し訳ないのですが、現在パネルの制作期間を3週間ほどいただいております。(2018年11月現在)

床面を1枚ずつ敷いて次にサイドパネルを組み立てていきます。

冷凍パネルは厚みが100mmあるので冷蔵パネルの2倍あります。

サイドパネルを組み上げたら天井パネルを組み立てます。

天井の梁を吊り込みます。

プレハブ庫の大きさによって梁の本数も変わってきます。

大きければ大きいほど梁の本数が増えます。

冷凍庫になる箱が出来上がりました。

パネルの組立て後は照明器具を取り付けます。

次にユニットクーラーを据え付けたらこんな感じになります。

冷凍庫庫内にワイヤーメッシュを敷きます。

庫内のコンクリート打設工事です。

結露防止、庫内の強度もこれで保たれます。

スライド扉の取り付けです。

スライド扉の数やドアの種類などお客様のご要望により変更することも可能です。

今回は1200mmのスライド扉が1カ所です。

扉を開けた際にできる限り冷気が漏れないようにスリットカーテンを取り付けます。

ご要望によってはエアーカーテンに変更することも可能です。

室外機の試運転調整の様子です。

フロンガス(R410A)をチャージします。

これで-20度まで冷やすことのできるプレハブ冷凍庫の完成です。